両大戦間期の国際関係史

日本国際政治学会【編】

[目次]

  • 序論 国際関係史研究と両大戦間期
  • パリ講和会議におけるバルト諸国の承認問題
  • 朝鮮独立運動と国際関係
  • 文化輸出と国際関係
  • ワシントン体制論の分化
  • 初期国際連盟と阿片麻薬問題
  • 海軍軍縮をめぐる1920年代の英米関係
  • 南洋群島委任統治継続をめぐる国際環境1931‐35
  • 戦前期の日米学生会議
  • 再考・日中戦争前夜〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 両大戦間期の国際関係史
著作者等 日本国際政治学会
書名ヨミ リョウタイセンカンキノコクサイカンケイシ
シリーズ名 国際政治 122号
出版元 日本国際政治学会
有斐閣
刊行年月 1999.9.24
ページ数 224p
大きさ 21cm(A5)
ISSN 04542215
NCID BA4351938X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想