資本制度と時価主義 : 平成11年商法改正を機に

田代 有嗣【著】

平成11年商法改正において株式会社資産の時価評価が織り込まれることになりましたが、それには資本制度にもとづく一定の制約が設けられています。そこで、この機会に資本制度と時価主義の問題をあらためて考えてみることにしました。本書では、(1)配当規制のための資産評価方法と、(2)株価判断資料作成(企業内容開示)規制のための資産評価方法にわけ、日米比較のかたちで両者を比較検討しました。そのうえで、はたして日本では両者がどこまで歩み寄ることができるかも検討しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1輯 資本制度と時価主義(「資本制度」の有無(日米比較)
  • 「配当」規制と「資産評価」規制(日米比較)
  • 「企業内容開示」規制と「資産評価」規制(日米比較) ほか)
  • 第2輯 平成11年改正商法の解説
  • 第3輯 参考論文等(アメリカには資本制度が無い-会社登記が無いから
  • 昭和37年改正商法の解説(株式会社の計算の内容を改正)
  • 日米の法律的風土-アメリカには戸籍・登記が無い ほか)
  • 第4輯 資産評価、資本金等に関する商法の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本制度と時価主義 : 平成11年商法改正を機に
著作者等 田代 有嗣
書名ヨミ シホンセイドトジカシュギ : ヘイセイ11ネンショウホウカイセイヲキニ
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1999.9.21
ページ数 151p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4785750545
ISSN 13425099
NCID BA43290267
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想