第33回・糖尿病学の進歩 : 糖尿病の療養指導  '99

日本糖尿病学会【編】

本書のトピックスは療養指導士制度をめぐるもので、各地での取り組みも紹介していただいた。看護婦、栄養士だけでなく、これからは薬剤師の活躍も糖尿病患者のケアに欠かせなくなり、服薬指導などをまとめていただいた。妊娠から小児、若年、高齢者と各年代での糖尿病のケアも、それぞれ充実した解説をしていただいた。その他血糖コントロール指導や、フットケア、運動療法、糖尿病教室の運営、栄養指導の実際もコ・メディカルの方々から勉強になったとの声を聞いている。合併症として腎臓を取りあげ食事指導から透析まで幅広く扱っていただいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本糖尿病療養指導士の発足
  • シンポジウム1 各地における療養指導士養成への取り組み
  • 糖尿病栄養指導のコツ
  • 糖尿病性腎症管理の実際
  • 糖尿病治療における薬剤師の管理
  • 高齢者の糖尿病患者指導
  • 糖尿病と妊娠
  • 小児・若年期糖尿病管理の問題点
  • 糖尿病教室の運営とその実際
  • 糖尿病とフットケア
  • 糖尿病の適切なコントロールを目標として
  • 糖尿病の運動療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第33回・糖尿病学の進歩 : 糖尿病の療養指導
著作者等 日本糖尿病学会
書名ヨミ ダイサンジュウサンカイトウニョウビョウガクノシンポ : トウニョウビョウノリョウヨウシドウ : 99
巻冊次 '99
出版元 診断と治療社
刊行年月 1999.8.25
ページ数 187p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787810561
NCID BN01866389
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想