海外労働白書 : 欧米諸国における就業形態の多様化  平成11年版

労働大臣官房国際労働課【編著】

諸外国の労働情報全般に関する情報を整理・分析し、提供することを目的として、各国の経済及び雇用失業情勢、賃金・労働時間等の状況、労使関係の動向、などについて労働省が毎年とりまとめ、公表しているもの。本年度版は、先進国を始めアジア、大洋州各国の、98年から99年初頭にかけての労働情勢全般の最新の動向に関する情報を第1部としてとりまとめるとともに、98年に起こったアジアの通貨・経済危機がアジア諸国に及ぼした影響及び各国政府の対応についてもトピックとして取り上げ、分析を加えている。また、第2部では、サービス経済化、女性の労働力化の進展等に伴う就業形態の多様化について欧米諸国の動向と背景及び今後の展望についてとりまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 1998〜99年の海外労働情勢(経済及び雇用・失業の動向と対策
  • 賃金・労働時間等労働条件の動向と対策
  • 労使関係及び労使関係制度の動向
  • 国際機関等の動き)
  • 第2部 欧米諸国における就業形態の多様化(総論
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • オランダ
  • アメリカ
  • 国際機関等における取り組み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海外労働白書 : 欧米諸国における就業形態の多様化
著作者等 労働省大臣官房国際労働課
労働大臣官房国際労働課
書名ヨミ カイガイロウドウハクショ : オウベイショコクニオケルシュウギョウケイタイノタヨウカ : 11
巻冊次 平成11年版
出版元 日本労働研究機構
刊行年月 1999.8.30
ページ数 406,28p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4538460745
NCID BA42606569
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想