立山・雷鳥沢殺人事件

梓 林太郎【著】

立山を舞台にした連続テレビドラマの主役が松本市出身の女優・串田香緒里に決ったという。豊科署刑事・道原伝吉の諏訪署時代の後輩の妹だ。ところが9月下旬、雷鳥沢で撮影中に香緒里が行方不明になった。当日現地では初雪が舞ったという。大町署に協力して、道原伝吉も捜索に加わることになった。しかし香緒里は凍死体で発見。遺体には殴られた痕があり、他殺と断定された。彼女はそれ以前にも、登山中に突き落されかけたことがあったと判明。痴情や怨恨の線を探るうち、第二の殺人事件も発生…。悲劇の原因は。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立山・雷鳥沢殺人事件
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ タテヤマライチョウザワサツジンジケン
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1999.8.31
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4198504644
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想