潜入捜査官鰐 東京黒社会 戦慄

南 英男【著】

営団地下鉄銀座線が地下鉄ジャックされた。浅草発の六輛編成で、車内にはおよそ七百人の乗客が乗り込んでいた。勤め帰りのサラリーマンやOLだ。警視庁採用の特別捜査官・峰岸淳一も恋人のアイリーンとともに乗車していた。峰岸はテロリストの隙を見てPHSを使って上司の鰐沢賢に通報した。鰐沢は通称鰐、表向きは普通の商事会社を装った警察庁長官直属の覆面捜査機関『隼』の潜入捜査官の班長である。銃器の携帯はもちろん、自動小銃、ときには手榴弾や榴弾さえ使う。テロリストたちの攻撃にプロが挑む。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 潜入捜査官鰐 東京黒社会 戦慄
著作者等 南 英男
書名ヨミ センニュウソウサカンワニトウキョウクロシャカイテロル
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1999.8.31
ページ数 256p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4198504679
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想