1000万人雇用創出プロジェクト : 年間50万戸の戸建て住宅建設構想

わが国において、これまでタブーとされてきた市街化調整区域の宅地化を規制緩和することにより、年間50万人の新規雇用、20兆円の内需が20年間にわたり創出され、バブル崩壊で大きく傷ついたわが国の経済は完全に再建可能になる。本書は、その緊張提案である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 2000年以降の景気と雇用情勢
  • 2 新たな経済危機要因
  • 3 バブル経済の根本原因
  • 4 年間50万戸の住宅建設とその雇用創出効果
  • 5 新住宅市場の需要と供給
  • 6 住宅建設に伴う需要喚起
  • 7 都市計画法の問題点
  • 8 宅地開発のための規制緩和
  • 9 活力ある農村社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1000万人雇用創出プロジェクト : 年間50万戸の戸建て住宅建設構想
書名ヨミ 1000マンニンコヨウソウシュツプロジェクト : ネンカンゴジュウマンコノコダテジュウタクケンセツコウソウ
出版元 未来予測研究所
刊行年月 1999.7.30
ページ数 90p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4944021038
NCID BA43912902
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想