現代語 万川集海 陽忍篇

石田 善人【監修】;柚木 俊一郎【訳】

『万川集海』は、書名のとおりすべての川が海に集まるように忍術の諸流を集大成した書物である。徳川四代将軍家綱の時代、延宝四年(1676)丙辰の歳の仲夏五月に藤林保義が著わした。藤林氏は百地・服部両氏とならぶ伊賀忍者の名家であるから、この書物は伊賀忍術の秘書だということになる。ところが伊賀とならぶ忍術の里である甲賀忍術の書だといっている。つまり甲賀では藤林保義は甲賀隠士だと主張するのである。藤林保義の住んでいた伊賀の湯舟は甲賀境に近く、伊賀忍術の主流である百地・服部両氏とくらべると確かにやや異流である。伊賀も甲賀も漢字で書けばきわめて紛らわしい。結局、本書は両方に共通の秘書だ、といってよい。『万川集海』は整然たる体系をもち、きわめて合理的科学的な側面と「正心」を強調する倫理的な側面とをもち、不断の訓練と習熟で常人のなし得ざるところを実現するテキストであって、熟読すればなかなかに面白い書物であることを御理解いただけると思う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 陽忍(遠入の事
  • 近入の事
  • 見利の事)
  • 見分の事
  • 間見の事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代語 万川集海 陽忍篇
著作者等 柚木 俊一郎
石田 善人
書名ヨミ ゲンダイゴバンセンシュウカイヨウニンヘン
出版元 誠秀堂
刊行年月 1981.11.25
ページ数 179p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4915459047
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想