21世紀への歴史教育と学校 : 歴史教育・社会科教育年報  1999年版

歴史教育者協議会【編】

21世紀初めから使用される新しい社会科の「学習指導要領」の2002年版の内容が、新しい学習内容として、学校の授業に使われる。そこでは学習の時間数が大きく削減、全体の展開も内容を圧縮せざるをえないものとなっている。このような簡素化のなかで歴史教育をどう実現していくか。歴史教育のこれからを考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 21世紀への歴史教育の視点(20世紀をどう見るか
  • 21世紀に問われる日本の国際的役割-歴史的検証と課題の析出
  • 転機を迎えた沖縄のたたかい-県政交代は基地容認の兆候か
  • 戦争責任をどう継承するか-平和学習セミナーの報告 ほか)
  • 2 私たちのめざす学校像と社会科教育(教育政策の描く21世紀の学校像-分析と批判
  • 中学校における「少人数学習」の総合性と可能性
  • 小さな学校の大きな可能性-地域にねざす、少人数学級・小規模校の可能性を考える(高校)
  • 学習における学力と認識 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀への歴史教育と学校 : 歴史教育・社会科教育年報
著作者等 歴史教育者協議会
書名ヨミ ニジュウイッセイキヘノレキシキョウイクトガッコウ : レキシキョウイクシャカイカキョウイクネンポウ : 1999
巻冊次 1999年版
出版元 三省堂
刊行年月 1999.8.15
ページ数 219p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4385407886
NCID BA43073644
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想