特許クレーム解釈の研究

知的財産研究所【編】

本書は、「内外特許法におけるクレーム解釈を巡る問題についての調査研究」の報告書に若干の修正を加えるとともに、当研究所の大友信秀研究員による、アメリカにおける審査経過禁反言についての研究成果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 審査経過禁反言(Prosecution history estoppel)の法的性質(特許権の保護範囲の確定における審査経過記録の役割
  • 審査経過禁反言についての従来の議論の検討
  • 審査経過禁反言についての最近の判決
  • 審査経過禁反言の法的性質をとらえるための各要素
  • 結びにかえて)
  • 第2部 内外特許法におけるクレーム解釈を巡る問題についての調査研究(アメリカにおける均等論とワーナー・ジェンキンソン最高裁判決
  • 判例分析を通じた均等論の要件の検討
  • ボールスプライン事件最高裁判決について
  • 技術的範囲の解釈における出願経過の位置付け)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特許クレーム解釈の研究
著作者等 知的財産研究所
書名ヨミ トッキョクレームカイシャクノケンキュウ
シリーズ名 IIP研究論集 4
出版元 信山社出版
刊行年月 1999.6.25
ページ数 459p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4797255358
NCID BA42962836
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想