古代に真実を求めて

古田史学の会【編】

[目次]

  • 明治体制における信教の自由
  • 倭国に仏教を伝えたのは誰か-「仏教伝来」戊午年伝承の研究
  • 「悲唱・柿本人麻呂」筑紫朝廷の証明-文学的視点からの一考察
  • 造作の「天智弥制」-「日本書紀」の二段階編纂論
  • 日持聖人の道南布教と石崎村より中国大陸渡航の伝説-日持聖人は和平工作の密使であったのか?
  • 人間の認識-死んだ兵士の残したものは、こわれた銃とゆがんだ地球
  • 古田史学の新段階-その思想課題の越境をめぐって
  • 日本史の謎を解く
  • 再び木佐敬久氏に異議あり-独善に満ちた「狗邪韓国は倭地にあらず(下)」
  • 「『古田武彦』とともに」-「市民の古代研究会」再入会の勧誘に答えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代に真実を求めて
著作者等 古田史学の会
書名ヨミ コダイニシンジツヲモトメテ
シリーズ名 古田史学論集 第1集
出版元 明石書店
刊行年月 1999.5.20
版表示 再編集版
ページ数 196p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 475031160X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想