就業規則見直しの手引き : 改正法から行政通達まで

労働基準調査会【編】

本書は、平成11年4月1日施工の改正労働基準法に基づき各社の就業規則で盛り込むべき条項をモデル的に掲載し、そのポイントとなる事項を簡潔解説しています。ことに、勤務時間や年次有給休暇については、過去数回にわたり労働基準法および関係政省令が改正されたところでもあり、従来のものをどのように見直せば改正法をクリアできるか、見開き頁で新旧条文を対比させていますので、非常に活用しやすくなっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説編(就業規則の各種義務一覧
  • 就業規則とは
  • 就業規則の役割、効果は
  • 就業規則の作成義務は ほか)
  • 規則・規程編(就業規則
  • 賃金規程
  • 出張旅費規程
  • 退職金規程 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 就業規則見直しの手引き : 改正法から行政通達まで
著作者等 労働基準調査会
書名ヨミ シュウギョウキソクミナオシノテビキ : カイセイホウカラギョウセイツウタツマデ
シリーズ名 労働法ハンドブックシリーズ
出版元 労働基準調査会
刊行年月 1999.5.15
版表示 改訂2版
ページ数 142p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4897825644
NCID BA42196398
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想