高血圧の基礎から臨床まで : 1998年第18回高血圧シンポジウム

荻原 俊男【監修】

本書は、第18回「高血圧シンポジウム」の5つの演題をまとめたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Lipoprotein Remnants, Atherosclerosis and Hypertension in the Framingham Heart Study
  • 血管リモデリングとレニン・アンジオテンシン系
  • 中枢神経におけるレニン・アンジオテンシン系の新たな役割
  • アンジオテンシンレセプターによるシグナル伝達機構
  • 降圧療法・現在の問題点と将来
  • 合同討議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高血圧の基礎から臨床まで : 1998年第18回高血圧シンポジウム
著作者等 荻原 俊男
書名ヨミ コウケツアツノキソカラリンショウマデ : 1998ネンダイジュウハッカイコウケツアツシンポジウム
出版元 診断と治療社
刊行年月 1999.4.22
ページ数 59p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787810537
NCID BN04746623
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想