特色ある教育活動をどう展開するか

学校改革研究センター【編】

今次の一連の教育改革の成否を決めるものは、学校がどこまで特色ある教育活動を用意できるかにかかっている。「学校次第」なのである。したがって、やろうと思えばどこまでもやれるという体制を準備したわけである。本書は、こうした「特色ある教育活動」の今日の重要性に着目し、学校がどう受けとめ、どう展開していくかという実践面から、一つの方向を明示しようと、編集したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ今、特色ある教育活動の展開なのか
  • 特色ある教育活動展開のポイントは何か
  • 学校の特色を生み出す視点と方法
  • 特色ある教育活動展開の実践プラン
  • 特色ある教育活動展開の研究情報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特色ある教育活動をどう展開するか
著作者等 学校改革研究センター
書名ヨミ トクショクアルキョウイクカツドウヲドウテンカイスルカ
シリーズ名 学校パラダイム21 No.4
出版元 明治図書出版
刊行年月 1999.5
ページ数 79p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4181627071
NCID BA52400694
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想