そして誰もいなくなった

クリスティ アガサ【著】<Christie Agatha>

「10人のインディアンの少年が食事に出かけ、1人が喉をつまらせ、9人になった 9人のインディアンの少年が遅くまで起きていて、1人が寝過ごし、8人になった…」U・N・オーエンと名乗る謎の人物によって、孤島インディアン島に集められた元判事、元警察官、元将軍、医者など10人の男女が、過去に犯した罪を告発され、一人、また一人と殺されていく…。マザー・グースの子守唄そのままに-。ミステリーの女王、クリスティの60にもおよぶ長編の中でも最高傑作のひとつと謳われる"童謡殺人"の名編。辞書のいらない「ルビ訳」で、単語にぴったりの訳語がルビになっています。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 そして誰もいなくなった
著作者等 Christie, Agatha
クリスティ アガサ
書名ヨミ ソシテダレモイナクナッタ
シリーズ名 講談社ルビー・ブックス
出版元 講談社インターナショナル
刊行年月 1999.4.28
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 4770025475
NCID BA41748364
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想