近代日本のアジア教育認識・資料編 : 明治後期教育雑誌所収中国・韓国・台湾関係記事「韓国の部」  附巻

近代アジア教育史研究会【編】

本資料編は、明治後半期、すなわち19世紀末から20世紀初頭にかけての時期の日本の各種教育雑誌、および一般雑誌や各種団体機関誌、女性雑誌等に収録されている韓国の教育文化に関する記事・論説類を抽出、整理したもの。収録対象の時期は、日清戦争(1894〜95年)から明治末年(1912年)までとした。資料本文全8巻、および附巻1の合計9巻で構成され、収録対象となった雑誌数は52種・62誌で、所収記事・論説は1623点を数える。附巻には「韓国の部」各巻の内容構成、各巻所収記事目録、および資料解題を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「韓国の部」各巻の内容構成
  • 「韓国の部」各巻所収記事目録
  • 資料解題(旧韓末の教育状況
  • 明治日本の対韓教育論とその展開
  • 日本人の在韓教育活動
  • 日本語教育論
  • 旧韓末の日本留学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本のアジア教育認識・資料編 : 明治後期教育雑誌所収中国・韓国・台湾関係記事「韓国の部」
著作者等 近代アジア教育史研究会
書名ヨミ キンダイニッポンノアジアキョウイクニンシキシリョウヘン : メイジコウキキョウイクザッシショシュウチュウゴクカンコクタイワンカンケイキジカンコクノブ : フカン
巻冊次 附巻
出版元 竜渓書舎
刊行年月 1999.2.20
ページ数 279p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想