東アジア戦略概観  1998‐1999

防衛庁防衛研究所【編】

東アジアの安全保障情勢について防衛庁防衛研究所の執筆グループが研究者の立場から分析した年次報告。記述対象期間は、1997年9月から1998年8月末日までの1年間であるが、特に重要な事象については1999年12月までに起こったものも分析の対象としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東アジアこの1年
  • 第1章 東アジアの安全保障(アジア通貨危機と安全保障
  • インドネシア政変とその影響
  • 印パの核実験と核不拡散体制
  • 北朝鮮のミサイル発射
  • ミサイル脅威への日本の対応策)
  • 第2章 朝鮮半島(金大中政権の登場-韓国
  • 新政権の対北・安全保障政策-韓国
  • 金正日体制と軍-北朝鮮
  • 「現代戦争」と「革命戦争」-北朝鮮
  • 朝鮮半島をめぐる国際関係)
  • 第3章 中国(政治の安定と経済の不安定
  • 協調主義を軸とした対外関係
  • 着実に進む国防建設
  • 転換期を迎える台湾)
  • 第4章 ロシア(一段と深刻化する国内情勢
  • 「国家安全保障構想」の公表
  • 存在感を目指す外交
  • 進み始めた軍改革
  • 建て直しを図る兵器産業)
  • 第5章 米国の東アジアに対する安全保障政策(米国の軍事プレゼンスの動向
  • 長期国防計画の在り方をめぐる論議
  • 米中関係の進展
  • 朝鮮半島安定化への努力
  • 日米安全保障関係の進展)
  • 資料編(東アジア動向年表
  • 軍事交流
  • 共同演習)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア戦略概観
著作者等 防衛庁防衛研究所
書名ヨミ ヒガシアジアセンリャクガイカン : 1998-1999
巻冊次 1998‐1999
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1999.3.12
ページ数 228p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 417361151X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想