戦国合戦・本当はこうだった : 逆転の日本史

藤本 正行【著】

「武田騎馬軍団」も長篠合戦の"鉄砲三段撃ち"もなかった!戦場に"つぶて"が舞い、「言葉戦い」がかわされ、謀略と宣伝で勝敗が決した。戦国合戦の真実の姿がいま初めて再現された!!意外な事実、知りたかったこと、戦国合戦の70の疑問に答える!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦国合戦の「常識」のウソ("武田騎馬軍団"なんてなかった!
  • 幻の桶狭間"奇襲戦" ほか)
  • 第2部 合戦の勝敗はどのようにして決まったのか?(北条氏康の「出陣命令」
  • "決戦場所"の決め方 ほか)
  • 第3部 初めて明らかにされる戦場の舞台裏(軍役とは何か?
  • 七十歳の老兵もいた"総動員体制" ほか)
  • 第4部 武器と武具はこう使われた!(意外と知られていない火縄銃の構造
  • 鉄砲足軽の「適性検査」 ほか)
  • 第5部 戦国武将・その知られざる素顔(戦国大名の契約違反
  • 「人は城、人は石垣」の信玄伝説の真偽!? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国合戦・本当はこうだった : 逆転の日本史
著作者等 藤本 正行
書名ヨミ センゴクカッセンホントウハコウダッタ : ギャクテンノニホンシ
シリーズ名 洋泉社MOOK
出版元 洋泉社
刊行年月 1997.8.9
ページ数 191p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 489691273X
NCID BA32991441
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想