図でみる生活白書 : 「中年」その不安と希望  平成10年版

経済企画庁国民生活局国民生活調査課【編】

今年の国民生活白書は「「中年」-その不安と希望」という副題のもとに、40代、50代のいわゆる「中年」の生活と人生、そしてその社会経済における役割と影響などについて分析しています。本書「図でみる生活白書」は、図表を中心に、この国民生活白書をよりわかりやすく解説したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現在、しばしば少子高齢化が社会問題としてとりあげられていますが、日本の人口構造は、どのように変化しているのでしょうか。
  • 現在、特に社会の中枢を担う中年層に不安感が広まっているようですが、その根底にはどういう要因があるのですか。
  • 現在のような景気の状況が厳しい中、中高年層の雇用環境はどうなっているのでしょうか。
  • 当面の経済環境以外に、中長期的な中高年層の処遇に影響を与えたものとしては、どのようなことが考えられますか。
  • 日本的雇用慣行の特徴の一つである「年功賃金」が変化しているといわれていますが、実態はどうなっていますか。
  • 人口の年齢構成の変化が賃金に与える影響は小さくないとみられていますが、中年層の中でも、特に人口の多い「団塊の世代」の賃金の動きはどのようなものでしたか。
  • 今後、高年齢者の就業環境はどのように変化すると予想されますか。
  • 仕事に対する若年層の意識には変化がみられますか。
  • 大企業の退職金制度は、転職に不利な支給体系となっているのでしょうか。
  • 老後の生活費への不安が高まっていますが、こうした不安の背景にある人口の高齢化はどのように進行してきたのでしょうか。また、そのことが公的年金制度にどのような影響を与えることが考えられますか。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図でみる生活白書 : 「中年」その不安と希望
著作者等 経済企画庁国民生活局国民生活調査課
書名ヨミ ズデミルセイカツハクショ : チュウネンソノフアントキボウ : 10
巻冊次 平成10年版
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1999.1.29
ページ数 83p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4172709737
NCID BA39881408
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想