脳卒中をめぐる障害とケア : 失語症・褥瘡・摂食・嚥下障害・尿失禁・ターミナルケア・QOL研究・介護保険制度

亀山 正邦【監修】;琵琶湖長寿科学シンポジウム実行委員会【編】

[目次]

  • 脳血管障害の診療-最近の問題点
  • 危険因子の考えかた-血圧、コレステロールを中心に
  • 失語症
  • 褥瘡
  • 摂食・嚥下障害
  • 介護体験のなかから介助用食器を発明
  • 尿失禁-地域ケアの現場で考える
  • 終末医療に対する高齢者の意識と終末医療のありかた
  • ターミナル期への施設の関わり
  • ターミナル期をめぐる医療費の問題
  • 地域在住高齢者の包括的機能とQOLに関する縦断研究
  • 介護保険制度について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳卒中をめぐる障害とケア : 失語症・褥瘡・摂食・嚥下障害・尿失禁・ターミナルケア・QOL研究・介護保険制度
著作者等 琵琶湖長寿科学シンポジウム実行委員会
亀山 正邦
書名ヨミ ノウソッチュウヲメグルショウガイトケア : シツゴショウジョクソウセッショクエンゲショウガイニョウシッキンターミナルケアQOLケンキュウカイゴホケンセイド
出版元 医歯薬出版
刊行年月 1998.11.20
ページ数 148p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想