発信し続ける地方政治 : 「民主主義の先進都市」へのメッセージ・つくば市長発言録  第2集

藤沢 順一【著】

1998年の初冬、つくば市名誉市民の称号を贈られたノーベル賞学者・江崎玲於奈博士は「これまでのつくばは、中央政府のコロニーのようであった」と述べた。刺された「寸鉄」に一瞬たじろいだつくば市長は、間髪を入れずに「これほどまでに知的蓄積のあるつくばで、地元の自治体はいったい何をボヤボヤしているのかと江崎先生は市民にハッパをかけてくれた」と「鉄」を消化してみせた。万葉の時代から連綿と続く古い文化と、石を投げれば博士に当たるとさえいわれる新しい文化とが共存する新興都市で、民主主義の先進都市のメッセージを送り続けるつくば市長の挑戦はきょうも続く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「発信する都市」への序奏
  • 2 登場しはじめる市民
  • 3 市議会での発言から
  • 4 文化と科学の発信地
  • 5 つくば 春・夏・秋・冬
  • 6 次世代へつなぐ
  • 7 全力疾走へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発信し続ける地方政治 : 「民主主義の先進都市」へのメッセージ・つくば市長発言録
著作者等 藤沢 順一
書名ヨミ ハッシンシツズケルチホウセイジ : ミンシュシュギノセンシントシヘノメッセージツクバシチョウハツゲンロク : 2
巻冊次 第2集
出版元 政治文化研究センター
窓社
刊行年月 1999.1.24
版表示 上製版
ページ数 309p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4896250133
NCID BA40176006
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想