バブル後遺症からの再生 : 日本経済の現況  平成11年版

経済企画庁調査局【編】

本書では、平成10年の日本経済の現況を記述し、バブル経済崩壊のもたらした経済的インパクトを分析、バブル経済崩壊後10年を振り返った一つの見方を提示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平成10年の景気動向(4四半期続いたマイナス成長
  • アジア経済の変動が日本経済に与える影響
  • 「デフレ・スパイラル」のリスクと財政・金融政策
  • 消費先行の景気後退)
  • 第2章 バブル崩壊の10年間(バブル崩壊が実物経済に与える影響
  • 金融機関の不良債権問題と経済への影響
  • なぜ資本効率は低下しているのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バブル後遺症からの再生 : 日本経済の現況
著作者等 経済企画庁調査局
書名ヨミ バブルコウイショウカラノサイセイ : ニホンケイザイノゲンキョウ : 11
巻冊次 平成11年版
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1999.1.14
ページ数 257p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4173107749
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想