氷の回廊 : ヒマラヤの星降る村の物語

庄司 康治【著】

厳冬のたった一か月間、ここザンスカールには、世界でもまれに見る、自然と人間が織り成すドラマが展開されます。冬の間だけ、忽然と姿を現す道があります。しかしそれは、世界中のどんな地図にも記されていません。なぜならそれは、幻のように現れては消えるからです。その名を「氷の回廊」と言います。それはまるで、時空間を超えた、とても不思議な存在なのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天空の村へ
  • ヤクの民
  • 麦の宮殿
  • リトル・ラマ
  • 峠を越えて
  • 伝説の旅人
  • ノートブック
  • 旅立ち
  • 氷の回廊
  • 洞窟
  • 雪豹〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 氷の回廊 : ヒマラヤの星降る村の物語
著作者等 庄司 康治
書名ヨミ コオリノカイロウ : ヒマラヤノホシフルムラノモノガタリ
出版元 文英堂
刊行年月 1998.12.20
ページ数 223p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4578129497
NCID BA40770528
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想