膵・胆道疾患の新しい検査法

税所 宏光【編】

本書では、K‐ras,テロメアないしテロメラーゼに関する遺伝子診断、超音波内視鏡(EUS)、細径プローブになる腔内超音波(IDUS)、IVR‐CT、膵管鏡、内視鏡MRI、FDG‐PET、および各種三次元(3D)立体画像診断を新しい膵・胆道検査法として、取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 膵(K‐rasによる膵癌診断
  • 膵液中telomerase活性測定による膵癌術前診断
  • 超音波カラードプラと造影エコー ほか)
  • 2 胆道(胆道の三次元画像(US・CT)
  • EUS
  • 胆道疾患診断におけるIDUS ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 膵・胆道疾患の新しい検査法
著作者等 税所 宏光
書名ヨミ スイタンドウシッカンノアタラシイケンサホウ
シリーズ名 消化器病セミナー 73
出版元 へるす出版
刊行年月 1998.12.20
ページ数 188p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892693251
NCID BA39108111
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想