ポップフライもしくは凡庸な打球について

川端 隆之【著】

詩の散逸において、詩の凝縮をめざした作品集。雑誌発表時、様々な毀誉褒貶を浴び、暴行事件まで引き起こした評価、勅使河原宏・橋の会によるアビニョン演劇祭参加作品『スサノオ』の詩篇「月児」のほか、夏石番矢、大野木寛との共同作品も収録。『古霊』1986年、『Mixed Media』1991年に続く、川村易との異能詩集三部作完結編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • pop fly(寓話
  • 月児
  • すさのを(川村易)
  • 鼠民地 ほか)
  • 凡庸ナ打球(地球の「非常口」、もしくはUFOについて
  • 表層的チューブ礼讃、もしくは東京のバーについて
  • 神の座、もしくは"すてきな奥さん"について
  • 墓を買うイナカモノ、もしくは中国の棺桶事情について
  • 「となりのトトロ」、もしくは太閤検地について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポップフライもしくは凡庸な打球について
著作者等 川端 隆之
書名ヨミ ポップフライモシクハボンヨウナダキュウニツイテ
出版元 思潮社
刊行年月 1998.10.28
ページ数 140p
大きさ 21cm
ISBN 4783710678
NCID BA39507456
BA39508721
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想