闇からの声

フィルポッツ イーデン【著】<Phillpotts Eden>;橋本 福夫【訳】

隠退した名探偵リングローズはイギリス海峡に面した旧領主邸ホテルに招待された。ところがその夜、彼の耳に闇をつんざく幼児の悲鳴、恐怖のどん底におののく、いたいけな叫びが聞えてきた。生来子供好きのリングローズは事情を調べようと思って翌朝ホテルの中を捜してみたが、それらしい子供は見あたらなかった。声は確かに聞えたのに、その声の主はいないのだ。すると、不審の念にかられたリングローズに、同宿の老婦人が説明してくれた-その子供は亡くなったのですよ。このホテルで一年以上も前に、と。名作「赤毛のレドメイン家」と並んで推理小説史上に、不滅の光茫を放つ傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闇からの声
著作者等 Phillpotts, Eden
橋本 福夫
フィルポッツ イーデン
書名ヨミ ヤミカラノコエ
シリーズ名 創元推理文庫
出版元 東京創元社
刊行年月 1998.11.6
版表示 第29版
ページ数 328p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4488111025
NCID BN11313397
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想