誰も書かなかった灰かぶり姫の瞳 : 25の童話の驚くべき真相

梁瀬 光世【著】

「白雪姫」はなぜ母親に復讐したか。「灰かぶり姫」の眼だけが知る人生の奥底の秘密とは。オオカミに食べられたあと「赤ずきん」はどう大変身したか。「人魚姫」が最後に手に入れた尊いものとは。脱げずに足まで切り落とすことになった「赤い靴」はどこへ行ったか…など誰もがよく知る童話から、生きていく知恵を抽出した、誰も知らない25編の秘密の話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 役に立つのがグリム(白雪姫
  • 赤ずきん
  • ヘンゼルとグレーテル ほか)
  • 第2章 あなたが変わるアンデルセン(みにくいアヒルの子
  • おやゆび姫
  • 人魚姫 ほか)
  • 第3章 宇宙を発見する民話(アリとキリギリス
  • ハーメルンの笛吹き
  • ジャックと豆の木 ほか)
  • 第4章 本当は大人のための童話(オズの魔法使い
  • 青い鳥
  • クリスマス・キャロル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も書かなかった灰かぶり姫の瞳 : 25の童話の驚くべき真相
著作者等 梁瀬 光世
書名ヨミ ダレモカカナカッタシンデレラノヒトミ : ニジュウゴノドウワノオドロクベキシンソウ
シリーズ名 幻冬舎文庫
出版元 幻冬舎
刊行年月 1998.10.25
ページ数 202p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4877286616
NCID BA40847702
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想