証言 : ヒロシマ・ナガサキの声  1998

長崎の証言の会【編】

[目次]

  • 巻頭言 長崎の証言三十年と核廃絶への道
  • 核兵器廃絶を目指す国際法の課題-「ハーグ平和アピール1999」に向けて
  • 日本本土と沖縄の平和の状況-「佐世保空襲・平和資料展」の写真撤去事件をとおして
  • 広島平和宣言
  • 証言'98座談会1 長崎の証言運動三十年と今後
  • 証言'98座談会2 反核証言運動のあゆみと今後-広島・長崎の証言交流会
  • 特集 あの戦争と原爆-戦後五十三年が問いかけるもの(わが家の戦争と原爆-学徒出陣で戦死した兄、原爆死した父母たちの記憶から
  • 金順吉さんが問いかけたもの
  • 親子で平和を考える-歴史認識の共有をめざして ほか)
  • 証言編1 次々と消えゆく命を見つめて(忘却できぬ原爆の記憶
  • すべては炎と灰の中に(その二)
  • 次々と消えゆく命を見つめて ほか)
  • 証言編2 半世紀経てなお強まる悲惨な記憶(兄 西尾進をしのぶ
  • いのちの障害をみつめて
  • 「原爆の子の像」に生きるサダコ-佐々木禎子さんのご両親に聞く ほか)
  • 反核・平和運動 たゆみなき歩みを続けて(インド・パキスタン訪問の報告-長崎国際シンポジウム(8月7日)での発言
  • ギリシャ訪問の旅から-ナガサキ誓いの火・灯火台建設十周年記念
  • NACの二年間をふりかえって ほか)
  • 教育と文化 継承と深化を求めて(千羽鶴-ナガサキ・フィールドワーク便り(三年六組)
  • カッキーとともに-被爆柿の木二世を劇に
  • わたしの平和・人権教育開眼-長崎市立滑石中学校での実践から ほか)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証言 : ヒロシマ・ナガサキの声
著作者等 長崎の証言の会
書名ヨミ ショウゲン : ヒロシマナガサキノコエ : 1998
巻冊次 1998
出版元 汐文社
長崎の証言の会
刊行年月 1998.9.10
ページ数 309p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4811300890
NCID BN14016092
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想