流通研究の展望と課題 : 流通 : 日本流通学会年報  No.11

日本流通学会【編】

[目次]

  • 共通論題:流通研究の展望と課題(アメリカにおけるマクロマーケティング研究の進展とマーケティング史研究の課題
  • 農産物流通研究の展望と課題
  • 生活協同組合)
  • 自由論題(輸入自由化以後の日本の食肉センター
  • 有機野菜等の流通方式と発展の条件
  • 野菜産地の広域集出荷と地域食品産業への原料供給-食品加工業を中心として ほか)
  • 日本流通学会創設10周年記念公開シンポジウム(「メガコンペティションと流通」の概要)
  • 書評(ジョン・ベンソン/ギャレス・ショー編、前田重朗・辰馬信男・薄井和夫・木立直真訳『小売システムの歴史的発展-1800〜1914年のイギリス、ドイツ、カナダにおける小売業のダイナミズム』
  • 阿部真也・宇野史郎編『現代日本の流通と都市』
  • 角谷登志男著『大競争時代の流通・消費と経営』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通研究の展望と課題 : 流通 : 日本流通学会年報
著作者等 日本流通学会
書名ヨミ リュウツウケンキュウノテンボウトカダイ : リュウツウ : ニホンリュウツウガッカイネンポウ : 11
巻冊次 No.11
出版元 日本流通学会
芽ばえ社
刊行年月 1998.7.31
ページ数 268p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4895792250
ISSN 09149937
NCID BA37844976
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想