書式の過去問 不動産登記  平成11年版

山本 利明【著】

本書は、司法書士試験が国家試験に移行し、記述式が出題されるようになった昭和54年から現在までに至る司法書士試験の不動産登記の書式の問題に解説を加え、解答を示したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 確定前の根抵当権の被担保債権の債務引受に伴う根抵当権の債権の範囲、債務者の変更登記
  • 住所、氏名を同じくする同名異人の相続人のいる相続登記
  • 代位による相続登記
  • 数個の債権を担保する抵当権設定登記
  • 遺産分割による所有権移転登記、根抵当権登記名義人表示更正登記、債務者の相続による根抵当権変更登記、指定債務者の合意による根抵当権変更登記
  • 所有権一部移転登記、抵当権が共有者の一部の持分につき消滅した場合の抵当権変更登記、根抵当権設定登記
  • 共有名義を単有名義とする所有権更正登記、抵当権の効力を所有権全部に及ぼす変更登記、抵当権追加設定登記
  • 合併後の原因による抵当権抹消登記とその前提としての抵当権移転登記、一部譲渡による根抵当権一部移転登記
  • 仮処分による失効を原因とする所有権移転登記の抹消、代位による所有権登記名義人表示変更登記、判決による所有権移転登記
  • 財産分与による所有権移転登記、債務者更改による抵当権変更登記〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書式の過去問 不動産登記
著作者等 山本 利明
書名ヨミ ショシキノカコモンフドウサントウキ : 11
シリーズ名 司法書士受験双書
巻冊次 平成11年版
出版元 日本司法学院
刊行年月 1998.9
ページ数 309p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4890691014
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想