EU通貨統合 : 歩みと展望

桜井 錠治郎【著】

「EU通貨統合は果して実現されるのか」。本書はこの問題に対して、マーストリヒト条約に至るまでの欧州通貨統合の動きを辿りながら、欧州通貨統合の将来を展望することを目的として書かれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 欧州連合の創設
  • 第2章 欧州統合の歩み
  • 第3章 国際通貨体制の変遷
  • 第4章 新しい通貨制度の創設
  • 第5章 欧州通貨制度(EMS)の仕組み
  • 第6章 経済通貨同盟の進展
  • 第7章 マーストリヒト条約の通貨統合計画
  • 第8章 EU通貨統合の展望
  • 増補 欧州通貨統合の進展・第一通貨「ユーロ」の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EU通貨統合 : 歩みと展望
著作者等 桜井 錠治郎
書名ヨミ イーユーツウカトウゴウ : アユミトテンボウ
出版元 社会評論社
刊行年月 1998.8.30
版表示 最新版
ページ数 286p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4784508600
NCID BA37654154
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想