慢性膵炎 : 診断と治療の最近の進歩

早川 哲夫【編】

[目次]

  • 1 慢性膵炎の概念と診断基準の変遷
  • 2 慢性膵炎の診断法の最近の進歩(血液生化学検査
  • 膵管造影法-ERCPとMRCP
  • 膵機能検査法-無管法と有管法
  • 膵画像診断法
  • 診断体系における診断法の位置づけ)
  • 3 慢性膵炎の治療法の最近の進歩(病期からみた治療方針
  • 病態からみた治療と予後
  • 合併症からみた治療対策
  • 外科的治療の変遷と現状
  • 慢性膵炎に対する機能温存手術の現状と問題点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性膵炎 : 診断と治療の最近の進歩
著作者等 早川 哲夫
書名ヨミ マンセイスイエン : シンダントチリョウノサイキンノシンポ
シリーズ名 消化器病セミナー 71
出版元 へるす出版
刊行年月 1998.6.20
ページ数 230p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892692956
NCID BA36389025
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想