フョードロフ伝

セミョーノヴァ スヴェトラーナ【著】<Semyonova Svetlana>;安岡 治子;亀山 郁夫【訳】

膨大な百科全書的知識に基づいた、宗教的かつ科学的なその夢想的理念によって、ドストエフスキー、トルストイ、プラトーノフらにも多大なイマジネーションを与えた、19世紀末ロシアの「幻の思想家」ニコライ・フョードロフ。再評価の進むロシア思想のなかでも、もっともラディカルなその思想と、ユニークな生涯の全貌を明らかにする、本格的評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人物と生涯(モスクワ以前
  • 伝説的な司書
  • モスクワのソクラテス)
  • 2 教義(『共同事業』の教義の哲学的前提
  • 自然統御
  • 祖先の復活
  • フョードロフの教義の宗教的象徴的層 ほか)
  • 3 理念の運命(フョードロフと二十世紀ロシア文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フョードロフ伝
著作者等 Semenova, S. G
亀山 郁夫
安岡 治子
Semyonova Svetlana
セミョーノヴァ スヴェトラーナ
書名ヨミ フョードロフデン
出版元 水声社
刊行年月 1998.6.15
ページ数 355p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4891763647
NCID BA36868334
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想