蛇姫様  上

川口 松太郎【著】

烏山城下、秋草茶屋『ひのき屋』の若主人千太郎・おすが兄妹の運命の歯車は、国家老・佐伯左衛門の末子彦次郎がおすがに恋慕、酒乱狼藉の末に千太郎に斬殺された日から狂い始める。千太郎は追及を逃れて十蔵芝居一座に身を投じ、おすがは兄を救うため城主大久保佐渡守の姫君・琴姫に頼る。藩財政壟断を策する左衛門は琴姫の反対を押し切り、三斗蒔山隠れ窯で焼いた浮世絵大皿で禁制の異国交易を続けようとする。公儀を恐れた小田原・大久保本家も秘かに探索の手を伸ばし、両派の暗闘は水面下で熾烈さを増す。『ひのき屋』は灰燼に帰し、琴姫の妖しい寵愛に身を焦がすおすがを襲う五月の闇の無惨!千太郎の夢寐に現れたからす蛇の不思議に導かれ、秘曲『秋風』の調べに乗って舞台は江戸へと移っていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蛇姫様
著作者等 川口 松太郎
書名ヨミ ヘビヒメサマ : ジョウ
シリーズ名 春陽文庫
巻冊次
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1998.6.20
版表示 新装版
ページ数 229p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 439410601X
NCID BA87053509
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想