病態薬理 : 医療薬学  3

久保田 和彦【監修】;日本医歯薬研修協会【編】

薬剤師国家試験の新しい「顔」であり、今後の薬剤師業務の中でますます重要になってくる「疾病と病態」と「薬物治療」をまとめたのが本書です。医療現場に一番近く、新しいこの分野を克服するには、自分の体を知ること、薬物の薬理作用がわかっていること、この2点が大事です。本書では、まず生体の器官のしくみについてふれ、その後に疾病の原因、病態、薬物治療と続けて、わかりやすく解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 病態生理総論(薬物の体内動態、薬効の修飾
  • 薬効・毒性と種差
  • 薬物の器官毒性 ほか)
  • 第2編 疾病・病態生理と薬物治療(精神・神経系疾患
  • 骨・関節疾患
  • 免疫・アレルギー ほか)
  • 第3編 医薬品の安全性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病態薬理 : 医療薬学
著作者等 日本医歯薬研修協会
久保田 和彦
書名ヨミ ビョウタイヤクリ : イリョウヤクガク : 3
シリーズ名 合格対策 薬剤師国家試験
巻冊次 3
出版元 地人書館
刊行年月 1998.6.10
ページ数 440p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4805205873
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想