広西移民社会と太平天国 本文編・史料編

菊池 秀明【編著】

本書は中国近代史上の重要事件であった太平天国運動(1850年〜1864年)の社会的背景を、実地調査の成果に基づいて解明しようとする試みである。特に運動の発祥地となった広西移民社会の形成とその特質について、著者が現地で発見、収集した第一次史料を中心に分析を進める。史料編は本文編において、論拠として挙げた族譜、碑文などの第一次史料のうち、重要と考えられる四十三篇を収録したものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広西移民社会と太平天国 本文編・史料編
著作者等 菊池 秀明
書名ヨミ カンシーイミンシャカイトタイヘイテンゴクホンブンヘンシリョウヘン
シリーズ名 中部大学学術叢書
出版元 風響社
刊行年月 1998.2.20
ページ数 2冊
大きさ 22cm
ISBN 4938718049
NCID BA35609818
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想