病院はいつもパラダイス

小林 光恵【著】

マスターベーションの回数を競い合う患者、延命治療への抗議、白血病で亡くなった患者さんから教わったこと…看護の現場は辛いことと楽しい触れ合いが背中合わせ。人気漫画「おたんこナース」の原案者が、個性豊かな患者、医師たちと、共に喜び共に泣いた新米看護婦時代のドタバタな日々を振り返る。明るくホロリとさせる名エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1病棟 新米ナースのめくるめく日常(太モモに刺さった注射針
  • もしや、あなたは… ほか)
  • 第2病棟 効果てきめん!ナースがまま(病名「肥満」の悲しい女心
  • 寿司と命をハカリにかけりゃ ほか)
  • 第3病棟 ナースはつらいよ、どこまでも(納得できない胎児の居場所
  • 病気別クラブと看護婦の深夜DJ ほか)
  • 第4病棟 病院内"伝染るんです"症候群(入院中に化粧をしてはいけないの?
  • 由緒正しい夜の過ごし方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院はいつもパラダイス
著作者等 小林 光恵
書名ヨミ ビョウインハイツモパラダイス
シリーズ名 幻冬舎文庫
出版元 幻冬舎
刊行年月 1998.2.25
ページ数 234p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4877285601
NCID BA41562639
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想