ブリュッケン : F・レオンハルトの橋梁美学

レオンハルト フリッツ【著】<Leonhardt Fritz>;田村 幸久【監訳】;三ッ木 幸子;景観デザイン研究会;寺尾 圭史;二宮 弘行;山田 聡【訳】

本書では、原始的な木の桁橋から石積みのアーチ橋を経て、現在の交通を可能にした長大な鋼橋およびプレストレスコンクリート橋までの橋の発展を取扱っている。本書は、橋梁技術者をはじめ行政関係者、橋梁に関わるすべての人たちの仕事の助けになるだろう。また、橋の芸術的な魅力に興味を抱く人は、この本で多くの美しい橋の写真をそれぞれのコメントとともに見ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序説
  • 2 美学の基本
  • 3 橋はどのように設計されるのか?
  • 4 橋の美的設計への指針
  • 5 道路線形の影響
  • 6 材料の効果
  • 7 昔の石橋
  • 8 歩道橋
  • 9 立体交差
  • 10 高架橋
  • 11 桁橋
  • 12 長大アーチ橋とラーメン橋
  • 13 斜張橋
  • 14 吊橋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブリュッケン : F・レオンハルトの橋梁美学
著作者等 Leonhardt, Fritz
三ツ木 幸子
三ッ木 幸子
二宮 弘行
寺尾 圭史
山田 聡
景観デザイン研究会
田村 幸久
レオンハルト フリッツ
書名ヨミ ブリュッケン : Fレオンハルトノキョウリョウビガク
出版元 プロトギャラクシー
メイセイ出版
刊行年月 1998.2.19
ページ数 311p
大きさ 30×23cm
ISBN 4894600234
NCID BA34243765
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想