芸術と民俗に現われた性風俗 : 王城の春篇

林 美一【著】

性美術・性風俗研究の第一人者が、『古事記』『万葉集』から安土桃山文化に至る日本人の豊潤多彩な性表現を追求した傑作。併せて、乱交・獣姦・男色など、およそ考えうるすべての性風俗を採取し、遂に日本版・性の百科全書を完成させた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神の時代の性風俗
  • 第2章 王朝時代の性風俗
  • 第3章 鎌倉〜室町時代の性風俗
  • 第4章 文芸に現われた性風俗
  • 第5章 安土・桃山時代の性風俗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術と民俗に現われた性風俗 : 王城の春篇
著作者等 林 美一
書名ヨミ ゲイジュツトミンゾクニアラワワレタセイフウゾク : オウジョウノハルヘン
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1998.1.8
ページ数 189p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4309473474
NCID BA35695966
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想