ぼくは微動だにしないで立ちつくす

白石 文郎【著】

テレビ局で番組制作に携わる山本圭一郎は、恋人・祥子の部屋でMINEという男からの手紙を見つける。そこには「ネズミ君」「白ワイン」といった、暗号のような単語が羅列されていた。祥子には内緒でその手紙を8ミリビデオに納め熟読するうちに、彼女への不信感が高まっていく。一方で彼は、真奈という少女を辱め虐げるセックスを体験し、自分の中に潜む狂気を知る。MINEの存在を常に感じ、迷走する山本に、ついに謎の男と対面する日が訪れる…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくは微動だにしないで立ちつくす
著作者等 白石 文郎
書名ヨミ ボクハビドウダニシナイデタチツクス
出版元 幻冬舎
刊行年月 1997.11.19
ページ数 346p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4877281924
NCID BA34235199
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想