なんでもないようなことが

犬塚 清和【著】

あの清輝君事件の西尾発。中学教師・話題のエッセー。暗い話題のうずまく教育界において、明るい現実を創り出してきた著者が「人間」を語りながら、その狭間で繰り広げられる本物のドラマを鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なんでもないようなことが
  • いつも笑顔で元気です
  • ひそかな自覚を
  • 退屈なのが一番の敵
  • 素直な自分が一番
  • 自分のメッセージを子どもへ
  • 大河内清輝君の死から学んだこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なんでもないようなことが
著作者等 犬塚 清和
書名ヨミ ナンデモナイヨウナコトガ
出版元 キリン館
刊行年月 1997.7.28
ページ数 247p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想