世界開発報告 : 開発における国家の役割  1997

世界銀行【著】;海外経済協力基金開発問題研究会【訳】

国家は何をすべきなのか。内戦、貧困、官僚腐敗…地球上のいたるところで国家は危機に瀕している。国家の役割が問い直されている中、新しい国家のあり方を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界に広がる"国家再考"の動き(進化する国家の役割
  • 国家の有効性に再び焦点を当てる)
  • 第2部 国家の役割を能力に適合させる(経済・社会的基礎条件を確保する
  • 市場を強化する-自由化、規制と産業政策)
  • 第3部 制度能力の再活性化(能力ある公共部門への制度づくり
  • 国家の恣意的行動と汚職の抑制
  • 国家を人々に近づける
  • 国際的集団行動の促進)
  • 第4部 変革への障害の除去(改革の開始と持続への挑戦
  • 変革への課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界開発報告 : 開発における国家の役割
著作者等 International Bank for Reconstruction and Development
World Bank
海外経済協力基金開発問題研究会
IBRD
世銀
国際復興開発銀行
世界銀行
書名ヨミ セカイカイハツホウコク : カイハツニオケルコッカノヤクワリ : 1997
巻冊次 1997
出版元 東洋経済新報社
東経
刊行年月 1997.9.25
ページ数 455p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 449244212X
NCID BA32491620
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想