涙の味

フランダース レベッカ【著】<Flanders Rebecca>;飯沢 暁【訳】

王侯たちの予言者、極東の神秘家、わたしはマダム・ヴォルテール、宇宙の神秘を握る者…。ニューイングランドの小さな田舎町、秋のカーニバルも今やたけなわ。町の図書館員ジェニファー・キールは、小さなテントの中、2本のろうそくをともし、黒いヴェールをかぶり水晶玉代わりの文鎮を前にして、次々とテントに入ってくる近所の子供やお年寄り相手に、ロマンス、冒険、お金、危険…、思いついたことを口から出まかせに予言して、もうくたびれかけていた。そんな時、一度も見たことのないすてきにハンサムな男性が、マダム・ヴォルテールのテントに入ってきた。その人の、眉間に深く刻まれた苦悩のしわを見つけたとき、ジェニファーは、どうしてもそのしわのわけを知りたいと思った。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 涙の味
著作者等 Flanders Rebecca
飯沢 暁
フランダース レベッカ
書名ヨミ ナミダノアジ
シリーズ名 ハーレクイン・アメリカン・ロマンス
ハーレクイン文庫
出版元 ハーレクイン
洋販
刊行年月 1997.8.5
ページ数 234p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4833565005
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想