水の屍

神崎 京介【著】

フリーのバイク便ライダーの沢木正午は、奇妙な依頼を受けた。静岡県の清水町にある錦田川湧水に行って、ペットボトル五本分の水を汲んできてほしい、という内容だった。依頼人の名は新田栞里。幼少の頃から水アレルギーの体質なのにどうしても湧水に触れたくなったという。いったいなぜ?栞里は最近繰り返し同じ夢を見ていた。それは自殺した母親の夢であった。沢木はペットボトルを栞里に届けた直後から異常な出来事に遭遇する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の屍
著作者等 神崎 京介
書名ヨミ ミズノカバネ
シリーズ名 幻冬舎推理叢書
幻冬舎ノベルス
出版元 幻冬舎
刊行年月 1997.8.15
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4877289135
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想