基礎薬理 : 医療薬学  2

日本医歯薬研修協会【編】

日局13改正完全準拠。「自律神経系」から始まる本書は、国試ガイドラインの「医薬品の薬理」、いわゆる薬理学に該当します。最近の国試には、医薬品の相互作用に関する問題、調剤における処方せん監査の問題など、薬理学の知識なしでは解答できない問題が増えています。特に薬理嫌いの人!まず、この「自律神経系」を克服しましょう。一見暗記物と思われがちな範囲ですが、本書に従って必要不可欠な基礎生理を理解し、作用する薬物を作用機序とともに整理していけば、完全に克服できます。82回国試問題の正解・解説収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神経系に作用する薬物
  • オータコイドおよびその拮抗薬
  • 抗アレルギー薬
  • 心臓血管系に作用する薬物
  • 利尿薬
  • 呼吸器系に作用する薬物
  • 消化器系の運動および分泌機能に作用する薬物
  • 生殖器に作用する薬物
  • 血液・造血器官に作用する薬物
  • 眼に作用する薬物〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎薬理 : 医療薬学
著作者等 日本医歯薬研修協会
書名ヨミ キソヤクリ : イリョウヤクガク : 2
シリーズ名 合格対策 薬剤師国家試験
巻冊次 2
出版元 地人書館
刊行年月 1997.7.10
ページ数 405p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4805205474
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想