国連人権システムの変動 : アジア・太平洋へのインパクト

アジア・太平洋人権情報センター【編】

本書は、アジア・太平洋地域における人権に関わる動向を、2つの側面から検証することを目的としている。第1は、国際的な人権保障の発展とアジア・太平洋地域との関わりという側面である。第2は、アジア・太平洋各地の国内の動きである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国連人権システムの変動-アジア・太平洋へのインパクト
  • 第2部 アジア・太平洋地域の人権の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国連人権システムの変動 : アジア・太平洋へのインパクト
著作者等 アジア・太平洋人権情報センター
アジア太平洋人権情報センター
書名ヨミ コクレンジンケンシステムノヘンドウ : アジアタイヘイヨウヘノインパクト
シリーズ名 アジア・太平洋人権レビュー 1997
出版元 大学図書
現代人文社
刊行年月 1997.6.20
ページ数 189p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4906531288
NCID BA31691136
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想