奥飛騨 : 北アルプスと山里の暮らし

小池 潜【著】

奥飛騨といったとき、どんなところをイメージするだろうか。一般的に広く高山、古川、白川郷、下呂、神岡、上宝までを指すだろうが、この本では高原川に沿って点在する上宝村と神岡町を中心として撮影した。ここには豊かな川の流れと山岳美、素朴な山里の暮らしが、いまも息づいているからだ。特に山之村には伝統的な飛騨独特の山村景観、生活文化が残った最後のところである。こんな山村風景と北アルプスの自然美にこだわり、いとしむようなまなざしでシャッターをおし続けた写真集だ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奥飛騨 : 北アルプスと山里の暮らし
著作者等 小池 潜
書名ヨミ オクヒダ : キタアルプストヤマザトノクラシ
出版元 山と渓谷社
刊行年月 1997.6.15
ページ数 72p
大きさ 18×24cm
ISBN 4635670090
NCID BA32381746
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想