経営学総説 : 文化思考のために

斎藤 弘行【著】

経営学は今のところ誰もが同じ構成をしない学問領域である。同じ構成がないということはかなり自由に学問構成をしてもよいということになるが、それがかえってまとめの仕事を困難にする。余り自由にやり過ぎると経営学らしくない組立てになる恐れがある。その点に配慮しつつ経営学の概論的叙述をしたのが本書である。それはある意味では主観に基づくテーマの取捨選択をするけれども、経営学の中心的テーマは忘れないようにし、かつ何らか新しいものも加える努力もなされていることを意味する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経営学の基本的思考
  • 2 経営目標形成
  • 3 生産の仕組みとしての経営-物的思考
  • 4 社会的まとまりとしての経営-人的思考
  • 5 経営学の制限問題としての企業文化、環境、倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経営学総説 : 文化思考のために
著作者等 斎藤 弘行
書名ヨミ ケイエイガクソウセツ : ブンカシコウノタメニ
出版元 中央経済社
刊行年月 1997.4.20
ページ数 280p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4502340456
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想