不況地域の構造転換

[日本労働研究機構] 研究所編集

本調査研究はバブル経済を挾む1989年頃から94年にかけて、過去に何らかの不況地域に指定された地域を調査対象地域に選び、前回の円高局面で行政機関や経営者団体、企業、その他の機関がどのような対応をしてきたのか、そして、地域産業構造が転換する中で雇用構造はどのように変化してきたのかを地域レベルで追いかけたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 調査結果の概要
  • 第2部 特定地域研究
  • 第3部 総合研究1(福井、武生、勝山地域)
  • 第4部 総合研究2(今治、新居浜、宇和島地域)
  • 第5部 地方進出企業の雇用実態調査の結果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不況地域の構造転換
著作者等 日本労働研究機構
書名ヨミ フキョウチイキノコウゾウテンカン
シリーズ名 調査研究報告書 1997 No.85
出版元 日本労働研究機構
刊行年月 1997.2.20
ページ数 703p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538890855
NCID BA31239863
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想