神経細胞の生と死

畠中 寛【編】

本書では、ハードの役割をもつ神経回路網の物質的基盤を明らかにする。"神経細胞の生と死"を初期発生、神経細胞の起源・シナプス形成と神経細胞の分化・神経細胞のアポトーシスと生存維持機構・そこに働くさまざまなタンパク質性因子・神経栄養因子、中でもニューロトロフィンの働き・脳の老化過程で生じるさまざまな神経疾患の分子レベルでの解析の一連の流れで一冊に凝縮。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 神経細胞の誕生
  • 第2部 神経細胞の分化と形態形成
  • 第3部 神経細胞の生存維持機構
  • 第4部 脳神経疾患と神経細胞死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経細胞の生と死
著作者等 畠中 寛
書名ヨミ シンケイサイボウノセイトシ
出版元 東京化学同人
刊行年月 1997.4.3
ページ数 205p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4807913328
NCID BA30188097
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想